女性を褒める魔法の言葉・フレーズ集5選!褒め上手のコツ全部教えます

女性を褒めるモテる男性

「褒め上手は恋愛を制する」と言っても過言ではないほどに、女性の褒め方の上手い男性というのはモテます。

女性を口説く上で「褒める」という恋愛テクニックは、もはや必須スキルと言って過言ではないでしょう。

が、しかしッ!!

ほとんどの男性が女性を褒めるのが苦手で、上手く褒められず逆に嫌われてしまうケースも少なくありません。

男性

女の子を褒める正しい方法が知りたいんじゃあ〜!!

そこで今回は『女性が言われて嬉しい褒め言葉5選』や、僕が今まで培ってきた「褒め上手になる方法」のノウハウをすべてお伝えしていきます。

この記事で学べること
  • 女性が言われて嬉しい褒め言葉のコツ
  • 女性を上手に褒めるコツ
  • 具体例を交えた女性の褒め方

女性をキュンとさせる「褒め言葉」は、コツさえ掴めば誰でも出来るようになります。

りょー

女性を褒める魔法の言葉をマスターして、ワンランク上の男に進化していきましょう!

女性が嬉しい褒め言葉5選

なぜ「褒める」というテクニックが女性を口説くときに効果的なのでしょうか?

ヒトは褒められることで脳のドーパミンという快楽物質が分泌し「気持ちいい・心地よい」と感じます。

りょー

「褒め言葉」は人間の脳にとってご褒美のようなモノってことですね!

そんな女性の恋愛感情をくすぐる「褒め言葉」のテクニックを、今回は下記の5パターンに分けてご紹介していきます。

女性が嬉しい褒め言葉5選
  1. 外見を褒める
  2. 内面を褒める
  3. 細かい変化を褒める
  4. 行動を褒める
  5. 考え方を褒める

相手のイメージや褒めやすいポイントなどによって、これらの5パターンを使い分けて頂ければなと思います。

では詳しくご紹介していきましょう!

外見を褒める

外見や見た目のルックスを褒めるのは、見たまんまを褒めていけば良いので、初対面の相手にも非常に扱いやすいテクニックと言えるでしょう。

  • すっごく可愛いね
  • 髪がとても綺麗だね
  • 君の目ってすっごくキラキラしてるね

ですが、あまりにも単調でストレートな褒め言葉は、場合によっては逆効果になり兼ねません。

特に初対面で出会ったばかり女性の場合、外見ばかりを褒めていると、

女性

この人まだ私のこと何も知らないくせに…!!

など「表面で人を判断してしまう人」と思われてしまう場合があるので、注意が必要ですね。

普段からルックスを褒められ慣れている美女の場合は、外見褒めは基本的にNG。

「またこの人も口を開けば可愛いしか言わない」と思われて『つまらない人認定』されてしまいます。

ストレートに外見を褒めるのではなく、ちょっとした変化球を交えると、女性をドキッとさせる事が出来ますよ。

具体的にはこんな感じに。

りょー

コーディネートめっちゃ上手いやん!〇〇ちゃんってオシャレ好きなんだね。

りょー

きょうの服装めっちゃ似合ってるじゃん!普段どこのお店で洋服とか買ってるの?

このような褒め言葉は、単純に外見を褒められるよりも圧倒的に効果が高いです。

女性側からすると、単純に外見・ルックスを褒められるよりも「センス」「価値観」などの内面を褒められた方が、

女性

この人は私のセンスを理解してくれるんだ!嬉しいなぁー♪

という解釈になるので、外見を褒めながらも、相手の内面やセンスを褒めているのと同じ効果が期待できますよ。

内面を褒める

外見・ルックスを褒められる男性は多いですが、内面までしっかり褒められる男性はかなり少ないです。

大体の男性は、女の子のルックスばかり褒めてしまいがちですが、美人で可愛い女性ほど普段から「見た目」を褒められ慣れているので、

女性

この人もまた私の「見た目」しか褒めないつまらない人ね…。

って思われてしまいます。

つまり女性の「見た目」しか褒められない男性は、その他大勢の男性の中に埋もれてしまう可能性大というワケです。

そんな時に実践して頂きたいのは、相手の「内面」を褒めるというテクニック。

女性を口説き落としたいのであれば、この「内面褒め」のテクニックはかなり有効な手段といえます。

男性

でも内面を褒めるのって意外と難しいんだよなぁー。

そんなあなたに「女性の内面を褒める3つのコツ」をご紹介していきます。

  1. 相手の頑張りを褒める
  2. 相手の性格を褒める
  3. マイナスと感じている部分を褒める

では、詳しく解説していきましょう。

相手の頑張りを褒める

女性を褒める際に、単純に「可愛い」って褒めるだけでは、あまり効果は期待できません。

何故なら、可愛い女性ほど普段から「可愛いね」と褒められ慣れているので、外見を褒めても「あーまたか」って思われるだけでしょう。

また外見にコンプレックスを抱えている女性の場合も、安易にルックスを褒めると、おちょくられている様に感じて不快にさせてしまうケースがあります。

そんな女性の場合に効果的なのが「相手の努力を褒める」というテクニックです。

具体的な使用例はこんな感じ。

男性

今日の髪型すごく良いね!

女の子

ホントに?!この髪型セットするのに1時間くらいかかったんだよ〜♪

褒めるときのポイントとしては、女性が何に時間をかけたり、努力したり、お金を使っているかを見抜いて褒められるかです。

相手の性格を褒める

性格を褒めるのも効果的です。例えば

褒め言葉の一覧
  • 「〇〇ちゃんって凄く気が利くね!」
  • 「すっごく頑張り屋さんだよね!」
  • 「お母さん想いで素敵だね。親大事にしてる人って尊敬できるなぁ〜。」

って感じで褒められたらベストです。

相手がマイナスと感じている部分を褒める

ちょっとコレは上級テクニックなんですが、あえて女性がコンプレックスだと感じている部分を褒めてあげましょう。

女性がマイナスと感じている部分や、コンプレックを上手く払拭してあげられる男性はめちゃくちゃモテます。

少しポッチャリ系の女性に対しては

男性

なんかほんわかしてて落ち着く!一緒にいてリラックスできるんだよなぁ〜。

って感じの褒め言葉を使ったり、ちょっと気弱で自分の意見を言えない女の子に対しては

男性

普段は大人しいけど、自分の意見とかしっかり持ってて尊敬する!

って感じで、普段あまり褒められ慣れていない面を褒めてあげると、相手の印象にも残りますし効果バツグンですよ!

細かい変化を褒める

他の男性が気付かないような、小さな変化を褒められる男性はモテます。

何故なら、細かい変化に気付くことで「この人私のことすっごく見てくれてるんだ!」って思って貰えるからです。

具体的な褒め言葉はコチラ。

褒め言葉の一覧
  • 「髪切った?それも似合ってるね」
  • 「きょうの服装のコーディネート凄く良いやん」
  • 「ネイル新しいね!めっちゃセンスあるよね」
  • 「最近めっちゃ仕事頑張ってるね!きょうもお疲れさま」

特に女性は美容に時間やお金をかけていて、美容や服装のセンスを褒められると凄く嬉しいと感じます。

他の男性があまり上手く褒められない部分でもありますので、そこに気付いて褒められたら一歩リード出来ますよ!

行動を褒める

女性の気遣いや行動をサラッと褒められる男性って本当にモテますよね。

例えば食事デート中などの場合は、

男性

サラダ取り分けてくれて有難う。〇〇ちゃんってすっごく気が利くね!

女性

えー、そうかなぁー笑。

男性

うん!〇〇ちゃんのそういう気配りできるところって、めっちゃ良いと思う!

女性

ホントに?!ありがとー

って感じ。

細かい気配りを褒められて嬉しくない女性はいないので、ぜひ積極的に褒めていきたいポイントですね!

考え方を褒める

最後は女性の考え方を褒めるテクニックです。

内面を褒めるテクニックと若干似ていますが、考え方とはその人の歩んできた『人生』そのものです。

人生に関する価値観や、コンプレックス、トラウマ、教訓などを扱う手法ですので、今までの褒めテクより難易度はやや高めとなります。

その分上手く褒められた場合には、相手の「深い話」なども聞き出せるので、ぜひ積極的にトライしていきましょう!

考え方を褒めるコツは大きく分けて3つ。

  1. 自分の考えしっかり持ってて偉いね
  2. 笑いのツボが一緒だよね
  3. 将来のことちゃんと考えてるよね

では詳しく解説していきましょう。

自分の考えしっかり持ってて偉いね

女性に悩み事を相談されたり、愚痴を聞いているときに使える褒め言葉の一つです。

女性の悩みや愚痴にアドバイスをするのではなく、相手の話を要約してあげてから自分の考えしっかりしてて偉いね」って言ってあげると効果的でしょう。

男性は女性の悩みに対してアドバイスをしてあげようとしがちですが、それは絶対にNG!

何故なら女性が他の人に相談をするときっていうのは、自分の中ではもう既に「答え」が分かっているんです。

たとえ正しいアドバイスだとしても

女性

この人はどうして私のことを分かってくれないの!!

って言われて嫌われ兼ねません。改めて女の子って難しいなぁーって思いますよね(笑)。

ポイントは相手の相談に対して

  • 頷き
  • 話の要約
  • 共感

を入れていくこと。

女性との会話では、まず共感のテクニックが何より大事ですので、コチラは別記事にて詳しく解説していきます。

笑いのツボが一緒だよね

笑いのツボが一緒だということは、自分と相手が同じ「価値観」であることを示しています。

女性は『共感欲求』が強く、好きな人と一緒に居たいだとか、同じ価値観を共有したいと考える生き物です。

特に結婚を視野に入れている女性であれば、単純にイケメンかどうかってトコロよりも

女性

この人って私と価値観が似てるんだよなぁー

『同じ価値観』であることが決め手で結婚する女性も多いですし、共感テクニックは覚えておいて損はないですよ!

将来のこともちゃんと考えてるよね

これも相手の価値観を褒めるテクニックです。

結婚のこと、仕事のこと、夢の話など、女性が将来のことについて話してきたらすかさず

アヤタカ

将来のこと今から考えてるのって凄く偉いと思う!

って褒めてあげましょう。

特に夢の話や、起業や副業などって、両親や身近な知人にもなかなか賛同が得られにくい内容ですので、そこを褒めてあげられると一気に女性の好感度がアップしますよ!

女性の好感度を倍増させる!上手に褒めるコツ5選

続いては、女性の好感度を倍増させる『上手に褒めるコツ5選』をご紹介していきます。

女性の褒め方には、ちょっとしたコツがあります。ぜひ熟読してマスターしてみて下さいね!

女性はナンバーワンよりオンリーワンで褒める

ナンバーワンになりたい男性とは違い、女性は男性の中の「オンリーワン」になりたいと願っています。

ですので、女性を褒める際の言葉も

男性

お前が一番好きだよ。

って言われるよりも

男性

お前だけを愛している。

って言われる方が嬉しいのです。

相手が一番褒めて欲しいポイントを見つける

相手が一番褒められて嬉しいポイントを見つけるのも褒め上手のコツの一つです。

褒められて嬉しいポイントを探す為にも、常に女性の行動や思考を観察しましょう。

多くの女性が褒められて嬉しいのは以下の3点。

女性が褒められて嬉しいポイント
  • 美容について
  • ファッションセンス
  • 考え・価値観など

ぜひ参考にしてみて下さい。

「結果」じゃなくて「過程」を褒める

女性を褒める際には「結果」を褒めるのではなく、努力した「過程」を褒めてあげましょう。

例えばデートのときに、いつもよりも可愛い服を着て、いっぱいメイクして、髪型もすっごくセットしてきてくれたのなら

りょー

僕とのデートのために、こんなに可愛くしてきてくれて嬉しいな!髪型のセットとかすっごく大変だったでしょ?

って褒めてあげると、言われた相手も嬉しい気持ちになりますし、あなたの好感度も爆上げ間違いなしですよ!

「褒め+質問」の会話テクニック

女性と会話が続かないって男性に、ぜひ実践して貰いたいのは「褒め+質問」の会話テクニックです。

女性と上手く会話をするには、まず相手に気持ちよく話をして貰わなければいけません。

ですので会話の組み立て方はこうです。

  1. 褒める
  2. 質問する
  3. 話題を広げる

これらの手法は、聞き上手のテクニックを学ぶことで身に付いていきます。

もっと詳しく知りたい方は「聞き上手になる為に必要な5つの恋愛テクニック」をご参考下さい。

聞き上手の男女のトーク 聞き上手になるにはコツが大事!明日から使える5つの恋愛テクニック

リフレーミング

リフレーミングとは、簡単にいうと相手の短所を長所に置き換えたり、別の視点で物事をみたりすることを言います。

自分では短所だと思っていたことでも、他人に認められると嬉しいものですよね。

では、具体例を挙げていきましょう。

  • 【変わっている】→個性的で誰にも流されないオンリーワンな性格だね。
  • 【口が悪い・毒舌】→自分の思っていることを素直に口に出せる人ってなかなかいないし良いことだよ。
  • 【恋愛に奥手】→それだけ恋愛に真剣だってことだし、絶対にいい人見つかるよ。

ちょっと難易度の高い褒め方ですが、コツさえ覚えれば意外と簡単です。ぜひお試しあれ!

まとめ:女性を褒める言葉をマスターすれば確実にモテます!

女性が嬉しい褒め言葉5選
  1. 外見を褒める
  2. 内面を褒める
  3. 細かい変化を褒める
  4. 行動を褒める
  5. 考え方を褒める

「女性を褒める」といっても、その方法やバリエーションは実に様々です。

カードゲームでも自分の手札が多いほど有利なように、色んな褒め方を知っている人は、それだけ恋愛において有利に立ち回ることが出来ます。

あとはその手札を、どのタイミングで使うかってコトがかなり重要です。

結論としては、女性を褒める方法をマスターしたければ実践で経験を積んでいくしかないってことですね。

ぜひ、色んな女の子とお話をして女性を上手に褒めるコツをマスターしていって下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です